デザイナーズ家具図鑑☆第一弾!!世界中で一番愛されているデザイナーズチェア「Yチェア」


designer’s☆furniture

♯1


 

今日は「デザイナーズ家具図鑑」第一弾♡

 

言わずと知れた定番デザイナーズチェア

ウィッシュボーンチェアこと通称「Yチェア」をご紹介します!!

 

 

世界中で一番販売されたチェアとしても有名で、

とくに日本での人気は絶大。

1950年に誕生し半世紀以上経った今でも

建築雑誌で見かけない事はないほど…。

 

なんでも、

世界的有名建築家 安藤忠雄さんの代表作

「住吉の長屋」の建築写真に使われたのが

日本でのブームの火付け役となったと言われているそうです。

 

sumiyoshi-b01newd

 

こちらが「住吉の長屋」

安藤忠雄さんらしいRC造打放しの外観がトレードマーク。

三軒長屋の真ん中、間口2間ほどのウナギの寝床と呼ばれ敷地に建設されています。

 

住吉の長屋

 

中庭を配置して自然光を取り入れるといった

現在では建築家の建てる家の定番となったスタイルも

今から40年ほど前に取り入れている事に驚きです。

 

Hans_J_Wegner_C

 

そしてこの方がYチェアをデザインされた

ハンスJ・ウェグナー(Hans J. Wegner)

 

北欧を代表するインテリアデザイナーで

生涯にデザインした椅子の数は500以上と言われています。

 

実はYチェアのルーツは

中国でデザインされた「チャイニーズチェア」!!

 

チャイニーズチェア

 

こちらがそのチャイニーズチェアですが、

Yチェアの象徴である

背板のYパーツが無く一枚の板で形成されています。

 

このYパーツの誕生の秘密も以外な事に

「制作コスト削減」の為だそうです。

 

ウェグナーは、もともと

「庶民でも購入できる安価な椅子」を目指して

このYチェアをデザインし、

ペーパーコードやバーチ材というローコストな材質を採用。

 

現在ではブランド価値がプラスされて

なかなか庶民では手が出し辛い価格になっているので

どうかウェグナーの意思を引き継いで

価格を下げて欲しいなんて思ってしまいました☆笑

 

ウェグナーによってリデザインされ現在の姿となったYチェア。

 

機械で形成されているとは思えないしなやかな曲げ木に

柔らかなペーパーコードの座面、手触りの良いバーチの白木。

 

デザイン面だけでなく

座面が高すぎず、日本人にもとても座りやすいチェアです。

19a6e855fc489e6ab575db6137020333

4ac7311f107c1d7514bebb62982673e1

6acec1d441c4ac73a9069213ba3f6d32

 

bf71cdab37c6e66893126fc02cb2a636

ad73a6c6c3a467613fcc6fc5ae2f088d

5dc6d773503491fc2268d845ad95c58a

e534e939c42665a78ff20bcd1baa30e3

 

「インテリア雑誌でよく見るしなんか好き!!」から、

少しでも家具の知識を増やしたいと思い始めた「デザイナーズ家具図鑑」シリーズ♪

 

少しづつ勉強してインテリアデザインの世界を

深く知っていけたらいいと思います♡


 

=PLAYFULBOX


 

 

センプレ

 


Advertisements
2014-06-14 | Posted in デザイナーズ家具No Comments » 

関連記事

Comment





Comment